CORSAIRクローズドイベント「CORSAIR Alliance」 kazgb レポート編

2012年3月17日(土)[雨]

リンクスインターナショナルによる、CORSAIRクローズドイベント「CORSAIR Alliance」に行ってきました。
クローズドということで、事前に10名の参加者を抽選で決めて開催されました。
当選メールが届いてからは、もうドキドキでイベント日が待ち遠しかったです。

リンクスさんのショールームにはAntec時代から足を運んでいましたが、
今の事務所に移転してからは初めてだったので、どんな風な会場なのか?というのも楽しみでした。

エレベーターから出てすぐに迎えてくれたのは、Corsairの横断幕と共に置いてあった水冷のPC。
なかなか見た目も素敵なPCです。

その横には本日のスケジュールが書いてありました。

出迎えて頂いた社員さんにリアルネームを伝えた所、通じず!
ハンドルネームで名札のある椅子に通されました。

この名札。
何気にUSBメモリが一緒になっていて、
今日紹介されるPCケースの画像や、コルセアたん(キャラクター)の壁紙が入っていました。
これも頂いちゃっていいのか!
・・・と、少しうれしく思ってしまった><。

あと、Corsairの名称が入った飴も頂きました。
少しスーッとする飴です。
机の上に置いてあったのは1個でしたが、
後程、一握り頂いちゃいました><b

これでも他の人に比べると自重した数!

全員集まるまでに時間があったため、
周りのデモ機を見学。
PCケースは全商品集まっていたんじゃないかな?
もちろん、新しいPCケースもあります。


電源も各種揃ってます。

簡易水冷もズラー

■━…━…━…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…━…━…━■
 ●Corsair PR!
■━…━…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…━…━■
さて、皆さん集まったので、
Corsair担当の園部英生氏からプレゼンテーションが開始されました。
まずは、
イベントの前日に発表があったという新発売のPCケース
Obsidian Series 550D

Carbide Series 300R
のご紹介。

Obsidian Series 550D」は、
静穏重視のPCケース。
うまく撮れていませんが、画像でプレゼンテーションの雰囲気でも味わって下さい。
(画像ボヤケテいたりしますがご了承ください)










特に印象があったのは、
前面が両側開閉式。
左からでも右からでも開けられます。
邪魔だったら外す事も可能。
そんな前面から風を送る事になるが、風切り音低減のための工夫もされていたりします。

それと、
ファンがある部分には、マグネット式のフィルターも取り付けられています。
ホコリ侵入防止ですね。
でも、底面のみ普通のフィルターになってます。
取り外しがしにくいから・・・という事です。

参加者からの意見として、
なんで前面の電源ボタン周りを銀色にしたのか?
という意見がありました。
高級感を出すため・・・ということですが、最終的にはデザイナーのセンス!という事になりました。
グーグル先生で検索すると、このデザインについて少し話題になってますからね。。。

実はこの商品。
参加者全員にプレゼントされることになっていました!
その事を参加者は知らされていなかったんですが、
Corsairの担当者さんが早々にバラしてしまったというサプライズもありました。
まぁ・・・なんとなくですが・・・
山積みにされたケースが置いてあったので想像はしちゃってましたけど^^;

そんなわけなので、このケースの詳細は、
後程、ZIGSOWかconeco.netにてレビューしたいと思います。
(配送して頂いた為、レポート作成時に手元にない!)
(色々あってケース余ってそうなのでconeco.netの体験レビューに流れる・・・かも?)

※zigsowにて簡易レビュー
 http://zigsow.jp/portal/own_item_detail/185881/

引き続き、
Carbide Series 300R
コンパクトサイズのPCケースです。
大きさが一回り小さくなってますので、
あまり長いグラフィックボードは入れにくいかも。
コンパクトでも裏配線などはできるため、機能は十分揃っていると思います。



最後に、
Corsair Link
各所の温度を計測し、
それに合わせてファンの速度を調整したりする事ができる仕組み。
デモンストレーションでは、
温度によって色が変化するようにライトを照らして、温度変化を視認できるようになっていました。
Windowsの(と言っていた)ソフトで管理できるようになってます。

しかーし!
日本発売は・・・まだかな・・・色々調整があるみたいです。
簡易水冷のH100やH80が対応しているだけに、早く実現してほしいところ。

(画像1枚も撮ってなかった・・・ゴメンナサイ><。)

この後、質疑応答があり、Corsair製品のプレゼンテーションは終了となりました。
「アクリルケースがほしいよー」っと、
参加者からの意見が出たので、今後実現する・・・かも?

SSDとか電源の話しもあるかなぁ~? っと思いましたが、
今回は無かったですね。

■━…━…━…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…━…━…━■
 ●duck氏 OC講座
■━…━…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…━…━■
しばらくの休憩後、
次はduck氏のOC講座となりました。

※OCとはオーバークロックの略で、通常仕様よりもパフォーマンスを引き上げる行為です。
 メーカー側としてはサポート外のため、完全に自己責任の世界になります。

最初は、画面でメモリのオーバークロックによる詰め方?や、
最近のメモリ事情、冷却と電圧の盛り方などの講義でした。
ご本人曰く、

OCに定義はない!

という事なので、こういう講義はしないし苦手との事。
早々に実機でのOC実践となりました。

実は、ここまでで自分はついていけてませんでした^^;
軽くOCするぐらいは誰でもできるので、自分もやっていますが、
その程度の知識でこのイベントに参加してたら理解不能です><。

自分は・・・と書いたのは、
おそらく自分以外は理解していそうだからです。
実機準備中に色々と雑談していたのですが、
他のOCイベントでも会った事ありますよねー?といった会話や、
機種?型番?など、聞いた事ない単語が飛び交い、情報交換・・・的な事をされていて、
自分以外は理解していそう・・・だったからです。
なかなかのコアユーザーが集まったんだなとその時に実感しました。

そんな雰囲気だったため、
自分は顔を下げて質問を避けていたんですが、(笑)
質問されてしまった時はドキドキでした(汗)
まぁ、流れ的に、使用しているメーカーは~?といった感じなので、
簡単な方向に持っていくノリで、
一応、PCには詳しい風を醸し出して答えられてはいたかな?(笑)

そうこうしていくウチに、OCの準備ができたのでイザOC!

なにやら、
最初から倍率高くしすぎていて起動が難しくなっていたり、
メモリが認識してくれないなどのトラブルもありましたが、
参加者も手伝ってOCチャレンジしていました。
当然のように液体窒素を使う為、
かなり怖かったのですが、
最初にduck氏が、一瞬なら大丈夫と腕に液体窒素を流して安全アピールしていただいたので、
”多少なら”触れても大丈夫なんだなと安心して手伝う事ができました。

試したパーツは、

CPU:Intel core i7 3930k
マザーボード:(たぶん)MSIのマザーボード
メモリ:Corsair製品
SSD:Corsair製品
電源:Corsair製品

曖昧で申し訳ないですが、
リンクスのイベントなので、リンクス関連商品の・・・はずです。

お手伝いをしたのは、
温度計を見ながら、液体窒素を入れていく作業。
CPUとグラフィックボードにそれぞれ入れて温度管理します。

CPUは「マイナス30度~マイナス40度をキープ」
グラフィックボードは「マイナス50度~60度をキープ」

試したベンチマークソフトが「3D MARK 11」というソフトで、
場面によって負荷のかかり方が違う為、液体窒素を入れるタイミングが難しいんです。
とにかく入れすぎてもダメで、
温度を下げすぎると、
「コールドバグ」
(他にもいくつか似たような言い方があった・・・が、区別ついてない><。)
という事で、逆に処理が遅くなる・・・だったかな・・・(間違ってたらごめんなさい)
とにかく温度をキープしつつ、ソフトを動かさないとまともに動いてくれないんです。

(液体窒素追加~)

特にワールドレコードなどを狙ったわけではないので、
そんなにスコアは伸びないとおっしゃっていましたが、
おそらく本日の最高値は
「3D MARK 11」で、「P7382」でした。

これが凄いのかどうかも分からない始末でゴメンナサイ。。。

そんなOC講座も時間がきたので終わり、
Corsairイベントも無事に終了となりました。

■━…━…━…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…━…━…━■
 ●その後
■━…━…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…━…━■

『オレのCorsairイベントがこれで終わるわけがない!』

そんなわけで、
懇談会という名の飲み会へ移行となりました。
もちろん、行きたい人限定。

さすがにコアユーザーが集まっているだけあって、
会話が良く分からない!
これでもパソコンについては詳しいほうというのを自負しているので、
多少はついていける会話もありますが、
特にオーバークロックの話しはやっぱりついていけないですね。。。
専門単語言われてそれが想像できないのが終わってる。
参加者のレベルの高さが伺い知れます。

途中で、タバコ宣伝のお姉さんの登場などによって別方向に盛り上がったりもして、
参加者が親しくなるには十分の会だったと思います。

その後は2次会もあったようですが、自分はソソクサと帰路につきました。

こういった少人数のイベントにより、仲間が増えていくのはとても楽しいですね。
参加者の一部の方とはtwitterなどでもフォローしあったりしましたので、
また意見交換などもできそうです。

もう少し勉強してから、次回もイベントがあったら参加したいなと思いました。

最後になりましたが、
リンクスのスタッフの方。
Corsair担当の方。
duck氏と運転手の方!
イベントありがとうございました。
そして参加者の皆様もお疲れ様でした。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です