読書は1冊のノートにまとめなさい 著:奥野宣之



結構前に発売されているようだったので、
古本でもいいかなと思ったけれど、
今読みたい?すぐ読みたい?と自分に聞いて、
「うん」
って言ったので新本で買ってきた。

パラパラ読んだ感じで、
題名にもなってるけど、
感想をノートに書くとか、
ブログに感想書くとか、
アウトプットをしよう。
それを続けられる形でがんばろう。
という内容なので、

知ってるよ!

と思ったけど、
それでも少し気にはなったのと、
巻末に紹介のあった、ツンドクの棚が気になって買ってしまった。

いや・・・単純に縦にツンデイクだけの棚なんだけどね。
ネットで調べたら2万円ぐらいした!
ほしかったけどさすがに断念しました。

内容的には、
第2章がつまらなかった。
本の買い方みたいな感じの内容かな。
自分はそんな読書中毒じゃないので、常に本を読みたいとは思ってない。
本屋にいってほしいのなければ買わなくていいんだ。
対象が、未読の本を山積みにしている人かなぁ・・・
自分は関係ないので軽く流し読みしました。。。

その後も・・・イマイチ興味をそそられなかった。
知ってる事も多々あったし、
正直どうでもいいと思える事が多かった。
自分には関係ないと言った方が適切か・・・

やっぱりこの本は、
「本好きで毎日のように読んでるけど整理しきれないよー」
っていう人向きな気がします。

ようするに、自分にはツマラナカッタです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です