頭がよくなる魔法の速習法

「頭がよくなる魔法の速習法」

以前から書店で見かけていて気になっていた本だった。
たまたまAmazonで中古が安く売ってたのを発見して買ってみた。
Amazonの興味広告?恐るべし。

気になっていたけど買わずにいた理由が実はあって、
パラパラ読みでそんなに得るものがなさそうだったから。
というのも、
この手の本を最近読み漁っているので、
それほど期待ができなかったのです。

事実、スピーディーに読めてしまった。
というのは、この本にも書かれているが、
「既有知識」
が、あったから。
知ってるよ~
別の本で読んだよ~
ってな感じでスラスラ~っと読めてしまいました。
元から知っている知識が多ければ多い程、早く本を読めるといったヤツです。
でも、この知ってる事が大事です。
新しい事を学びやすくなるから。

だから、
その手の本を読んでいる人にも一応オススメしておきます。
同じような本を何冊も読めば、
それはそれで理解度があがるので、良いのではないかと思っています。

本の内容としては、
本をいかにターゲットを絞って読むか?
といったような内容でしょうか。

目次などからどのような内容が書かれているかを把握し、
何のためにこの本を読むのかを考え、
どのような知識を得られるのか推論し、
その知識を得られたら自分にとってどのような価値が生まれるのかを考える。

そして読んだ後は、
必ず復習をする。
誰かに話すでも良いし、ブログに書くでも良い。
とにかくインプットだけではなく、アウトプットが大事だと書かれています。

最近になって、アウトプットの大事さを知ったので、
やっぱりそうなんだなぁと再認識しました。

まぁこの感想もその1つなわけですが。
感想書くために少し読み返すしね。

個人的には古本で安く読めたので満足しました。
新品買う程じゃないかなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です