初めて口から管を入れてみた

胃カメラ・・・内視鏡検査・・・してきました。

なんか最初飲まされて・・・
舌が痺れるヌルヌルものを舐めさせられ・・・
横に寝かされて・・・
さらにシュッシュッと麻酔のようなものされ・・・
ウチの小指ぐらいの管を口から入れられた・・・

あれ・・・なんなの。
もう最初から嘔吐したくなるような衝撃。
中に入れようとすると吐きたくなる。
鼻から息すって口から吐くって言われたけど、鼻からの吸い方分からなかった・・・w
胃の中までいったと思ったら、今度はグググッと胃を押される感覚。
今でもその感覚が残る程にきつかったわ・・・

しかしそれよりもやっぱりノドに通ったものを吐き出したいのに吐き出せないあの感じ。
大げさでもなんでもなく、死ぬかと思った・・・
あれずっとやってたら精神崩壊するかも。
思い出しただけで吐き気するぐらいきつかったよ・・・

・・・もうやりたくない。

そんなに長くはやってなかったと思うけど。
もうほんと・・・色々と消耗した。

あれやね。
深呼吸大事。
途中から鼻から吸って口から吐くってのを出来た。
管が移動する時に空気吐いてると楽な気がする。
楽といってもあれよ。
嘔吐する感じにまではならないってだけ。
でも・・・だいぶ楽。

絶対的に次はやりたくないけど、万が一やることになったら・・・この事を思い出そう。
口開けた状態で空気を鼻から吸って、口から吐く練習しとけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です