きたかにゃっ!いくにゃっ!

それは物の影で寝転んでいた。
その瞬間、目が合ったんだ。
そうしたらゆっくりと起き上がって背伸びをし、
スタスタこちらに向かってくる。
私は歓喜と驚愕が混じりあったかのような感情を胸に抱いてそいつが近づいてくるのをただ待つしかなかった。

P_20160419_092923

野良猫なのにお腹までだして人の前にゴロンッとしてきたので、、、撫でてやったさ!
なんだこいつ。
もうちょっと警戒しろよと言いたくなる。
いやしかし、そこは自分から出る猫好きオーラがその猫を安心させ、撫でてもらうために近寄ってきたと思ったほうが個人的には嬉しい。
そう思うことにする。

そんな猫とのひとときを過ごす出勤前。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です