募金をほとんどしない自分が京都アニメーションの募金で札を簡単に入れていた

特に、地震がおきたりすると、募金が始まったりする。
ニュースで見るけど、どうしても他人事みたいな感じになってしまう。
東北の地震は、東京だったけど被災者という感覚があって逆に募金しなかったか・・・お釣り程度を募金した程度だったかもしれない。

お釣り程度はたまにある。
よく覚えてもいないけれど、小銭もらったら・・・いいやって感じで募金箱にジャラジャラ。
お財布の整理もかねてる。

その程度の感覚。

知らない人の人生・・・生き死になんてどうでもいいという感覚の自分。
・・・だったはずなのだが、京都アニメーションの事件は、自分にとってなぜか心に引っかかった。
当日にはアメリカで募金が数千万円集まっていたのを聞いて驚き、なぜ日本ではやってないのかと疑問に思った。

そんな中、アニメイトで募金を開始したと聞き、店頭行ってササッと入れてきた。
あの界隈の人は自分と同じ気持ち・・・もしくはそれ以上に何かを想っているんだろうなぁ。
最低募金額が1000円じゃないかと思うぐらいお札を入れてる人しかみなかった。
普通、募金って多くても100円とかそんなもんじゃないかと思ってる自分には割と衝撃だった。
いや、期待してた部分もあったので、期待通りだったとも言えるが。。。

募金したって失われたものは取り返せないけど、何かしたいと思ったら募金が一番できること。
募金したぞって自己満足でしかないけれど、ちゃんとそれが届いて有意義に使われる事を願う。
(有意義って・・・なんだろうね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です