そばはやっぱり分からない

秋葉原~淡路町の間くらいにある蕎麦屋「かんだやぶそば」のせいろ

行った時も帰る時も行列を作っていた。
店内も広くてそれなりに回転が早いにもかかわらずだ。

何がそんなに良いのだろうか?
そばの味は違いが分からない・・・
立ち食いそばで十分だと思ってる自分にはなかなか難しい。
ここなんて、麺が少なくてすーぐなくなる。
良い点が全くない。
自分は2枚食べたが値段も倍だし、それでも足りないしで満足度は低い。
そばって大衆料理かと思いきや、高級料理にもなってしまう。

ただ1点だけ。
会計の時に1万円札を渡したら、全てピン札で5000円札と1000円札が帰ってきた!
そこは老舗?ならではのこだわりなのだろうか?
そこだけは感動した!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です